誰でも簡単!ドコモ光で事業者を変更する方法を3ステップで解説します

docomohikari-collaboration-change ネット回線

ドコモ光では契約後に事業者(プロバイダ)の変更が可能です。

事業者変更制度とは、2019年7月1日にドコモで導入された制度で、

  • 契約先のプロバイダだけ変更したいんだよね〜
  • ドコモ光をもう少し有効に活用できるプロバイダないかな〜

といったとき、事業者変更制度を活用することで

  • 出費を抑えて、
  • 電話番号も変えずに

ユーザーの好きなプロバイダへ、乗り換えることができるようになります。

この記事ではドコモ光で事業者変更を行う方法について、利用するメリットも含めて分かりやすく解説していきます。

\ 今だけ開通工事費が無料 /

ドコモ光で事業者変更制度を利用するメリット

merit
ドコモ光で事業者変更制度を利用するメリットは、以下3つでしょう。

基本的にドコモ光の中で事業者を変更することが可能です。

ドコモ光で事業者の変更を行う方法をすぐに見る↓

1. 新規の開通工事費用が発生しない

ドコモ光ではNTT回線を利用している事業者へ変更した場合、開通工事は新規で行いません。

NTTとプロバイダ間での手続き変更のみで、事業者変更が完了となります。

そのため

  • 開通工事日を新規で設定したり
  • 工事の立ち会いをしたり
  • 開通工事費用を支払ったり

といったことは不用です。

現在ある回線をそのまま利用して、新しい事業者の光回線サービスをすぐに利用することができるようになります。

そのため工事費用は発生しません。

2. 光回線の解約費用も発生しない

ドコモ光の事業者変更であれば、光回線の解約費用も発生しません。

ドコモ光では2年間の定期契約が基本契約となっており、契約期間中に解約すると

  • 戸建てタイプでは13,000円
  • マンションタイプでは8,000円

といった契約解除料金が発生してしまいます。

hikari_charge

https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/charge/

しかし、ドコモ光の事業者変更では、契約しているプロバイダ事業者のみが変更になるだけ。

そのためドコモ光の解約には至らず、契約期間中でも解除料は発生しません。

このように光回線の解約金が発生しないことも、ドコモ光の事業者変更の特徴と言えます。

※ 事業者変更の手続きや事業者変更承諾番号取得の手数料は発生します。

ドコモ光 × GMO
公式サイトで詳しく見る

3. ひかり電話の電話番号が変わらない

ドコモ光の事業者変更によるメリット3つめは、ひかり電話の電話番号が変わらないことでしょう。

事業者変更のお手続きにより、光コラボレーション事業者※1が提供する「ひかり電話」の電話番号も継続してご利用になれます。

hikari_collabo_change

基本的には、光コラボレーションのプロバイダ事業者変更であれば、「ひかり電話」で利用している電話番号も継続が可能です。

ひかり電話は、自宅で据え置きとなる「固定電話」となるため、電話番号が変わらないのは嬉しい限りですね。

ドコモ光で事業者の変更を行う方法

step
ドコモ光で事業者を変更する方法は、

といった、以上の3ステップで完了します。

ステップ1. 事業者変更の承諾番号を取得する

まずは現在契約中のドコモ光プロバイダへ、事業者変更の旨を連絡し「事業者変更承諾番号」を入手します。

事業者変更承諾番号とは?
事業者変更を行う際の、証拠となる予約番号のことです。

この「事業者変更承諾番号」の受け取りは、必ず契約者による確認と同意が必要です。

また、ドコモショップで手続きをする場合は、免許証などの身分証明書も持参しておきましょう。

事業者変更承諾番号を入手するときの注意点

事業者変更承諾番号を入手するときの注意点として、

  • 事業者変更承諾番号に有効期限がある

といった点に注意が必要です。

基本的には発行日含めて受け取りから15日間の間に、ドコモ光の事業者へ新規申し込みを行う必要があります。

また、事業者変更承諾番号の受け取り方法も、契約先のプロバイダ事業者によって異なります。

事業者変更制度を利用する際には、契約元プロバイダの契約約款などを確認しておくと良いでしょう。

ドコモ光各プロバイダの契約情報

ステップ2. 事業者変更の手続きを行う

次に新規契約する事業者に申し込みを行います。

申し込みのときは先に発行した「事業者変更承諾番号」が必要です。

また合わせて、NTT東日本エリアで利用する場合は

  • ドコモ光の設置場所
  • 契約者の名前

以上の準備が必要になります。

NTT西日本エリアで利用する場合は、

  • ご契約ID

を準備しておく必要があります。

ただし、詳しい申し込み方法はプロバイダ事業者ごとに異なります。

こちらもプロバイダ利用案内にしたがって、申込みを行うとスムーズでしょう。

事業者変更の手続きを行うときの注意点

事業者変更の手続きを行う際の注意点として、

  • 変更元プロバイダ事業者の解約料金の発生
  • 変更元プロバイダへルーター返却を行う

といったことが想定されます。

たとえば、プロバイダからルーターを借りてドコモ光回線を利用していた場合、ルーターの返却は必須です。

プロバイダによっては、返却費用も実費となるため、

  • 変更元のプロバイダをいつから契約しているのか
  • 最低利用期間は設けられているのか
  • ルーターなどの返却規定は設けられているか

といった内容を確認しておくことをオススメします。

ステップ3. 新しい事業者の端末でネットの通信設定を行う

ステップ2までの流れで、NTT側とプロバイダ事業者間で 契約変更の手続きが行われます。

ドコモ光の新規事業者へ変更・切り替えの手続きは、NTT側で行われるため、

  • 光回線の再敷設工事をしたり
  • 新しくONUを設定したり

といった作業などは不用です。

強いて言えば、新規事業者から支給・レンタルした、ルーターの設定を行って事業者変更は完了となります。

自身で準備したルーターを利用しているのであれば、新規契約先のプロバイダへ連絡し具体的な設定があるか確認すれば確実です。

速いドコモ光なら GMOとくとくBB | クチコミで人気 ! お得で安いプロバイダー
ドコモ光のプロバイダを選ぶならGMOとくとくBBで決まり!ドコモのスマホとセット割でご利用料金がお得になるのはもちろん、GMOとくとくBBは「速度」にこだわり、ご自宅で高速インターネットを楽しめます。

ドコモ光で事業者変更を行うときに発生する費用内訳

price
ドコモ光で事業者変更を行うとき、以下費用が必ず発生します。

項目 発生費用(税抜)
事業者変更の事務手数料 3,000円
事業者変更承諾番号の払い出し手数料 3,000円
ひかり電話の引き継ぎ費用 1,800円

ドコモ光事業者変更時のプロバイダメール継続費用

また、ドコモ光の事業者変更でプロバイダメールを継続利用する場合の費用についてもまとめました。

プロバイダ メールアドレス継続可否 利用継続の費用(月額)
ドコモnet 不可
Plala 可能 200円
GMOとくとくBB 可能 430円
@nifty 可能 250円
DTI 可能 200円
BIGLOBE 可能 200円
andline 不可
hi-ho 可能 200円
Tigers-net 可能 300円
SIS 不可
エディオンネット 可能 300円
ic-net 可能 300円
BB.excite 可能 380円
SYNAPSE 可能 500円
楽天ブロードバンド 不可
TiKiTiKi 可能 350円
01 光コアラ 可能 950円
@ネスク 不可
OCN 可能 250円
@TCOM 可能 300円
TNC 可能 495円
WAKWAK 可能 200円
AsahiNet 可能 300円
@ちゃんぷるネット 可能 300円

メールアドレスを残したい場合、事業者変更をする前にプロバイダへ連絡して継続利用の旨を伝えます

メールアドレスの継続利用ができない場合は、必要な情報が記載されているメールのバックアップを取っておくと良いでしょう。

フリーメールの利用もオススメ

事業者変更を機にメールアドレスを変える場合、Gmailなどフリーメールを利用することをオススメします。

フリーメールに切り替えておけば、今後また他の光回線へ乗り換えるときにアドレスがなくなる心配がなくなります。

事業者変更で発生する費用はとても割安になった

ドコモ光の事業者変更で発生する費用をまとめると、

  • ひかり電話を利用していない場合は合計6,000円
  • ひかり電話利用中で継続利用する場合は合計7,800円

となっています。

回線工事もなく事業者を変更するだけなのに、ちょっと割高に感じますか?

実は、事業者変更制度が導入される前は、転出・新規契約で合計15,000円以上の撤去・開通工事費が必要でした。

ひかり電話を含めても、10,000円以内でプロバイダ事業者を変更できるようになったことは、かなりのメリットと言えるのではないでしょうか。

ドコモ光 × GMO
公式サイトで詳しく見る

ドコモ光で事業者変更をする際の注意点

chuui

最後にドコモ光で事業者変更制度を利用する際の注意点について、触れておきます。

1. 単独プランからの事業者変更はプロバイダの解約忘れに注意

ドコモ光の単独プランから他社へ事業者変更をする場合、プロバイダの解約が必要ではないか先に確認しておくと良いでしょう。

ドコモ光の単独プランから他社へ乗り換えてプロバイダが変わる場合、必ず先に単独プランで契約したプロバイダを解約する必要があります

なぜなら、単独プランで契約したプロバイダは、ドコモ光の解約後と同時に自動で解約されることはないからです。

そのため事業者変更の前に、確実に変更元のプロバイダと契約解除を行っておかないと、

  • 事業者変更で契約したプロバイダ事業者
  • 単独プランで契約していたプロバイダ事業者

といった2つの利用料金が重複して請求されることになってしまいます。

ドコモ光のタイプA・タイプBプロバイダ事業者であれば、光回線の解約とプロバイダの解約が同時になされます。

2. Webから事業者変更の申込みはできない

ドコモ光ではWebでの事業者変更承諾番号の発行ができません。

ドコモショップと電話窓口のドコモインフォメーションセンターでの手続きとなります。

項目 連絡先や営業時間 ドコモ電話から 151 その他の電話から 0120-800-000 受付時間 午前9時〜午後8時

また、原則的に契約者本人しかできないことにも留意しておきましょう。

3. 10ギガプランの対応サービスへの事業者変更は不可

同じフレッツ光の回線を用いている他社だとしても、最大10ギガプランへの事業者変更はできません。

他社の10ギガプランへ乗り換えるには新たな回線を引く必要があるため、NTTから発行されたものでなければ固定電話の番号が消えてしまうんですね。

同じドコモが運営するドコモ光 10ギガへ乗り換える場合も事業者変更はできず、新規契約をし直す形になるので注意が必要です。

まとめ

ここではドコモ光ユーザーが事業者変更を行う方法について解説しました。

2019年7月に事業者変更制度が導入されたことで、ドコモ光を別事業者で利用しても

といったように、利用者側でかなり自由に事業者を選べるようになりました。

初期費用や手数料などは発生しますが、それでも10,000円もかかりません

光回線の解約違約金10,000円や、新規開通工事費用が発生しないことを踏まえれば、かなりおトクに乗り換えができる仕様と言えます。

手続き方法も、

以上のように3ステップで完了します。

契約後に手軽に事業者を変更することができるのも、ドコモ光を利用するメリットと言えるでしょう。

今なら期間限定の申し込み特典がありますよ。

ドコモ光ではWeb限定の申し込み特典があります!

\ 今だけ開通工事費が無料 /

  • 開通工事費(18,000円)が期間限定で無料に!
  • 新規契約で6,000円以上の高額キャッシュバックが確実に受け取れる!
  • 高性能v6プラス対応WiFiルーターが無料レンタルできる
  • ドコモ光のセット割に対応!
  • ルーター接続ですぐにネット通信可!

ドコモ光 × GMO
公式サイトで詳しく見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました