ドコモ光10ギガのデメリットとは?ハイスペック回線の弱点を徹底解説!

docomohikari-10g-demerit ネット回線

フレッツ光から最大10Gbpsを可能とする「フレッツ光クロス」が登場したことにより、光コラボのネット回線でも続々と最大10Gbsp対応のプランが登場しています。

その1つが「ドコモ光10ギガ」です。

2020年4月1日から提供開始となった注目の新プランではありますが、

といったデメリットが気になりますよね。

そこで、ドコモ光10ギガのデメリットについて詳しくまとめてみました。

\ 今だけ開通工事費が無料 /

ドコモ光10ギガの料金・提供エリア・プロバイダを紹介

docomohikari_10g
ドコモ光10ギガの基本情報とは、一体どんなものなのでしょうか。

まずは通信速度が最大10Gbpsとなるドコモ光10ギガの新プランについて、詳しく紹介していきます。

ドコモ光10ギガの料金プラン

plan
ドコモ光10ギガは「戸建てプランのみの提供」となっています。

選べるプロバイダはタイプA、Bと分かれており、回線とプロバイダを別々に契約する単独タイプも用意されています。

それぞれの月額料金と契約期間は以下のとおりです。

プラン 契約期間 月額料金(税抜)
10ギガ タイプA 2年 6,300円
10ギガ タイプB 2年 6,500円
10ギガ タイプB 2年 6,300円
10ギガ 単独タイプ 2年 5,900円

従来プランのドコモ光1ギガと、新プランであるドコモ光10ギガで同じプランを比較してみました。

プラン(戸建て) 契約期間 月額料金(税抜)
10ギガ タイプA 2年 6,300円
1ギガ タイプA 2年 5,200円

ドコモ光10ギガは従来の1ギガプランに、追加で1,000円支払うことで利用できるというイメージです。

通信速度最大10Gbpsに対して1,000円多く払うのが安いのか、高いのかは人それぞれでしょう。

他社回線の10ギガプランと比較

月額料金について他社で提供されている10ギガプランとも比較してみましょう。

比較対象とするのは

  1. NURO光
  2. auひかり
  3. ソフトバンク光
  4. フレッツ光クロス

以上の4つです。

サービス名 月額料金(税抜)
ドコモ光10ギガ 6,300円
※dポイント還元あり
NURO光10G 6,480円
※1年間:3,970円
auひかり ホーム10ギガ 1年目:5,880円(税抜)
2年目:5,780円(税抜)
3年目:5,680円(税抜)
4年目:6,180円(税抜)
ソフトバンク光10ギガ 6,300円
※2年間:5,200円
フレッツ光クロス 6,300円

他社の10ギガプランと比較してみると料金にバラつきがみられます。

割引サービスなどを提供している回線の方が、合計で安くなっていますね。

今ならドコモ光が10Gbpsはを一番おトクに利用できる!

ただし、ドコモ光でもdポイントによる還元キャンペーンを実施しています。

2年の定期契約を新規で申し込むことで、

  • 18,000ポイント
  • 毎月1,600ポイント
    (24か月プレゼント)

といった特典がついてくるんですね。

ドコモ光の新規開通工事費用は

  • 戸建て:18,000円
  • マンション:15,000円

といった費用が発生しますが、新規申し込み特典で18,000ポイントを受け取れば、工事費用を相殺することが可能です。

さらに見逃せないのが24か月間は毎月1,600ポイント付与という点でしょう。

「ドコモ光 10ギガ」を新規お申込みで最大24か月、dポイント(期間・用途限定)1,600ptを毎月還元いたします。
引用元:docomo -ドコモ光 10ギガお申込み特典

例として、ドコモ光1ギガの月額料金と比較してみました。

タイプA契約 通常料金 ポイント充当
(-1,600pt)
ドコモ光1ギガ 5,200円
ドコモ光10ギガ 6,300円 4,700円

以上のとおり、新規申し込み特典を利用することで2年間は、ドコモ光1ギガよりも低料金でドコモ光10ギガを利用することができちゃうんですね。

その分を加えると、今申し込むことでドコモ光の10ギガプランが最もおトクに10Gbpsを利用できる光回線といえるでしょう。

ドコモ光10ギガ対応
公式プロパイダで詳しく

ドコモ光10ギガプランのサービスエリア

2020年4月時点でのドコモ光のサービスエリアは下記の通りです。

項目 対応エリア 受付開始 提供開始
NTT
東日本エリア
東京都(大田区、世田谷区、杉並区、
練馬区、板橋区、足立区、葛飾区、江戸川区、
目黒区、中野区、品川区、北区、狛江市、
調布市、三鷹市の一部)
2020年3月23日 2020年4月1日
NTT
西日本エリア
大阪府大阪市、愛知県名古屋市 大阪:2020年4月1日
名古屋:2020年5月11日
大阪:2020年4月13日
名古屋:2020年6月11日

2020年4月時点の段階では

  • 東京
  • 大阪
  • 名古屋

といった、主要都市のみでの提供です。

東京エリアでは既にサービス提供が開始されていますが、その他の地域についてはこれからです。

全国的なサービス提供についてはまだ発表されていません。

ドコモ光1ギガのエリアは日本全国が対象

ドコモ光10ギガのエリアはかなり小規模ですが、ドコモ光1ギガで利用できるエリアは、ほぼ日本全国が対象です。

項目 URL
東日本エリア https://flets.com/app2/cao/prefselect/index/?_fsi=MqQmsqls
西日本エリア https://flets-w.com/cart/?etc_data_kks=kantan%3D1%40&_fsi=MqQmsqls

※ 東日本エリアと西日本エリアで、ドコモ光の対象エリアの確認方法が違います。

以上から分かるとおり、ドコモ光は提供エリアがほぼ全国に渡ります。

ドコモ光10ギガも提供エリアが広がるのは、時間の問題と言えるでしょう。

ドコモ光10ギガで選べるプロバイダは1ギガプランより少ない

ドコモ光の1ギガプランでは、24社のプロバイダから好きなように選べました。

タイプAプロバイダ
ドコモnet、plala、GMOとくとくBB、DTI、@nifty、ic-net、Tigers-net.com、andline、
BIGLOBE、エディオンネット、SIS、SYNAPSE、
excite、hi-ho、Rakutenブロードバンド、TikiTiki、@ネスク、01光コアラ
タイプBプロバイダ
OCN、@TCOM、TNC、WAKWAK、AsahiNet、@ちゃんぷるネット

しかし、10ギガプランでは2020年4月時点は以下の7社に絞られています。

ドコモ光10ギガ タイプA
ドコモnet、plala、GMOとくとくBB、andline、hi-ho
ドコモ光10ギガ タイプB
BB.excite、AsahiNet

プロバイダが独自に実施しているキャンペーンなども異なるので、よく確認しておくと良いでしょう。

また、「BB.excite」のように1ギガプランではタイプAだったプロバイダが、10ギガプランではタイプBに変更となることもあります。

タイプAとタイプBでは月額料金が200円異なるため、契約先プロバイダがタイプAからタイプBへ変更になっていないか先に確認しておくことをオススメします。

ドコモ光10ギガを契約する前に、申し込むプロバイダがどちらのプランに適応しているかも合わせて確認しておく必要があります。

ドコモ光10ギガの気になるデメリット7つ!

demerit
ここからは、ドコモ光10ギガのデメリットについて解説していきます。

通信速度が最大10Gbpsと進化した新プランではありますが、デメリットがあるので注意してください。

新しいプランに急いで申し込むのではなく、デメリットも考慮した上で加入を検討しましょう

デメリット1. サービスエリアが狭い

ドコモ光10ギガプランは東京、大阪、名古屋といった限られたエリアでしか提供されません

項目 対応エリア
NTT
東日本エリア
東京都(大田区・世田谷区・杉並区・練馬区・板橋区・足立区・葛飾区・江戸川区・目黒区・中野区・品川区・北区・狛江市・調布市・三鷹市の一部)
NTT
西日本エリア
大阪府大阪市、愛知県名古屋市

ドコモ光10ギガは、全国的な展開はまだまだ先になることが予想されるので、そもそも申込み自体ができない人がほとんどです。

ドコモ光10ギガの提供エリアでない人が申し込もうとしても、やはりNGに。

申し込みたいけど、提供エリアが狭いことがネックとなっている人もいます。

都内では徐々にドコモ光10ギガの対象エリアは広がってきていますが、関東他県では展開されていません

ドコモが展開している新しいサービスであり、日本全国で心待ちにしているユーザーも多いはずなのですが、ここまで提供エリアが狭いのは致命的なデメリットと言えるでしょう。

デメリット2. 月額料金が高い

ドコモ光10ギガプランは従来のプランよりも、1,000円ほど料金が上がっています

スペックが高くなるので料金が高くなるのは当然ですが、通信費を上げるほどのメリットがあるのか、一度考えた方が良いかもしれません。

プラン(戸建て) 契約期間 月額料金(税抜)
10ギガ タイプA 2年 6,300円
1ギガ タイプA 2年 5,200円

今使っているサービスに特段不満などがないのであれば、急いで切り替える必要はないと言えます。

ただし、先に述べた新規申し込み特典やポイント還元のキャンペーンを適用すれば、実質的な月額料金を1,000円以上安くして利用できます

申し込みのタイミングによって、新規申し込み特典は変更するので、一度内容を確認してみるのも良いでしょう。

ドコモ光10ギガ対応
公式プロパイダで詳しく

デメリット3. ドコモ光のひかり電話に未対応

ドコモ光10ギガプランで最も注意しなければならないのが「ドコモ光のひかり電話に未対応」という点です。

「ドコモ光 10ギガ」では、「ドコモ光電話」をご利用いただくことはできません。
引用元:docomo -「ドコモ光 10ギガ」ご利用のお客さまへ

ドコモ光とのセットでドコモ光電話に加入している人は、「10ギガプラン」への切り替えでドコモ光ひかり電話が使えなくなることに注意が必要です。

10ギガプランに加入予定の人で光電話を利用中の場合は、新たに加入する固定電話を検討しておきましょう。

実際にドコモ光の10ギガへ変更しようとして、ひかり電話に対応していなかったから辞めたという口コミもありました。

ドコモ光10ギガの対応エリアと、ひかり電話の対応の様子を伺っている人も見受けられます。

ひかり電話利用中の人はドコモ光10ギガ利用前に廃止する必要アリ

特にひかり電話の契約をすでに行なっている以下のような場合は、

  • NTT東日本エリアで「ドコモ光 10ギガ」への転用時に「ひかり電話」を利用している場合
  • 「ドコモ光 1ギガ」利用中で、NTT東西と「ひかり電話」を直接契約している場合

「ドコモ光10ギガ」を申し込む前に「ひかり電話(オフィスタイプ等含む)」の廃止が必要です。

ドコモ光10ギガは利用できても、固定電話サービスのひかり電話が使えなくなるのは、デメリットの1つでしょう。

2020年4月時点、ドコモ光でひかり電話を利用する方法は、ドコモ光1ギガを契約するしかありません。

デメリット4. 戸建てプランにしか対応していない

ドコモ光10ギガに集合住宅向けのプランはありません

戸建て向けのみとなっています。

「ドコモ光 10ギガ」は戸建プランのみ提供となります。
引用元:docomo -ドコモ光10ギガ料金プラン

ドコモ光10ギガは、

  • サービスエリアも狭い上に、
  • 対応する住宅も戸建てのみ

となっているため、加入できる人はかなり限られるでしょう。

ドコモ光10ギガが大田区も提供エリアと思ったら、戸建プランのみだったことが分かり、かなり落ち込んでいる人がいました。

※ 4月20日以降、東京都大田区もドコモ光10ギガ提供エリアとなっています。

ドコモ光10ギガがマンション住宅で分配されるタイプの登場を、待ち望んでいる声も上がっていますね。

マンション住宅でドコモ光10ギガが利用できるようになるのは、まだ少し先と言えるでしょう。

現在提供されているエリアから先行して、マンション住宅でもドコモ光10ギガが利用できることになるのではないでしょうか。

デメリット5. 日常的な利用であればオーバースペック

ドコモ光10ギガは、最大速度10Gbpsという驚異的なスペックを持ち合わせています。

しかし、ほとんどの方にとってはオーバースペックといえるでしょう。

日常的なネット利用であれば、ドコモ光は1ギガプランでも十分だからです。

これから5GやWi-Fi6など高速・大容量通信を可能とするサービスが普及し、映像コンテンツや多様サービスが高度化する中で、それらを快適に楽しみたい方であれば10ギガプランへの加入はオススメできます。

ただし、10Gbpsに対応しているルーターやPCなどの普及が少ないこともあり、導入するには高額なコストがかかることも覚えておくと良いでしょう。

参考ドコモ光10ギガで利用するルーターは高額になるって本当?

デメリット6. 選べるプロバイダが少ない

ドコモ光1ギガプランでは24社のプロバイダから選べましたが、10ギガプランでは7社しかありません

ドコモ光10ギガ タイプA
ドコモnet、plala、GMOとくとくBB、andline、hi-ho
ドコモ光10ギガ タイプB
BB.excite、AsahiNet

たとえばOCNや@nifty、DTIといった目当てのプロバイダが入っていないと感じた人も多いと思います。

ドコモ光10ギガのプロバイダに「@nifty」が入っていないことを、残念に感じている人もいました。

これから多くのプロバイダ事業者が参画することが考えられますが、それでも時間がかかることが考えられます。

大手のプロバイダがドコモ光の10ギガに対応していないことは、やはりデメリットの1つでしょう。

デメリット7. ドコモ光1ギガからの乗り換えでも新規工事が必要

現在ドコモ光1Gプランを利用している方で10プランに乗り換える場合でも新規工事が必要となります。

工事費に関しては18,000円となっており、こちらはキャンペーンによるポイント還元(18,000pt付与)で実質無料になります。

しかし、サービス提供が開始されたばかりで工事も混み合う可能性も考えられます。

申し込んでから開通するまで時間がかかってしまうでしょう。

実際にドコモ光10ギガに申し込めたけど、工事日がずっと遅いことをなげくつぶやきがありました。

こうした背景を踏まえると、ドコモ光10ギガの導入は2020年4月時点では、まだ導入にはデメリットの方が多いことが伺えます。

もし現時点で

  • 安定した速さで
  • ドコモ光よりももう少し安く
  • 10Gbpsのサービスを利用したい

といった場合は、NURO光の導入をオススメします。

NURO光では月額料金が4,743円とドコモ光1ギガより500円ほど安く、最大2Gbpsといった通信サービスが利用できます

さらに、「NURO光 10G」といった最大通信速度10Gbpsの通信サービスも、5年も前(2015年6月)から提供しているんですね。

また提供エリアも幅広く対応しています。

対象エリア 対応都道府県
関東 東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
関西 大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
東海 愛知、静岡、岐阜、三重
九州 福岡、佐賀
北海道 石狩市、恵庭市、江別市、小樽市、札幌市、千歳市

ドコモ光では東京や大阪・名古屋などごく一部の地域となっていますが、NURO光では日本の多くの地域が対象となっています。

以上のように、ドコモ光10ギガを利用しようとしていて、

  • 住んでいる地域が対象エリアになっていない
  • 月額料金も安く抑えたい

といったことであれば、選択するべき光回線はNURO光一択と言えるでしょう。

NURO光
公式サイトで詳しく見る

まとめ

ドコモ光10ギガについて7つのデメリットを解説しました。

最大10Gbpsという優れたスペックを有していますが、まだ一般的ではないが故のデメリットがあるので注意が必要です。

とはいえ、ドコモ光10ギガは新しい時代にふさわしいスペックを備えたネット回線であることは間違いありません。

新しいサービスを快適に利用したい方や、ドコモ光10ギガの提供エリアに入っている人は、期間限定特典があるうちに検討してみてはいかがでしょうか。

ドコモ光ではWeb限定の申し込み特典があります!

\ 今だけ開通工事費が無料 /

  • 開通工事費(18,000円)が期間限定で無料に!
  • 新規契約で6,000円以上の高額キャッシュバックが確実に受け取れる!
  • 高性能v6プラス対応WiFiルーターが無料レンタルできる
  • ドコモ光のセット割に対応!
  • ルーター接続ですぐにネット通信可!

ドコモ光 × GMO
公式サイトで詳しく見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました